会社概要

2018-11-25
カテゴリトップ > 仏具 > 種類から選ぶ > 香合
仏具・ぼかし塗香合 溜に朱線ぼかし 桜 1.7寸蒔絵入香合は、繊細な特殊技法である本漆のぼかし塗りの上に、日本の伝統工芸である蒔絵を施した御香入れです。蓋はネジ式で巾着袋付きなので持ち運びにも便利です。蒔絵(まきえ)とは、漆に金銀粉を蒔きつけて絵を描く技法です。日本独自に発達した極めて繊細な技術で、調度品や寺院仏具を荘厳に彩ってきました。蒔絵の技法は全国にありますが、特に京蒔絵は、平安時代から文化の中心地として栄えた環境のなかで洗練されていきました。天皇や貴族、武家などが使用される逸品を制作していく過程で、年月を経ても損なわれない品質と美しさを追求しているのが特徴です。京蒔絵師の下出祐太郎氏(伝統工芸士)は、下出蒔絵司所の三代目として即位の礼や大嘗祭の神祇調度蒔絵、伊勢神宮式年遷宮の御神宝蒔絵、京都迎賓館の水明の間の蒔絵調度を手がけた現代の名工です。

【商品の仕様】
●サイズ:
寸法: H28 × W53 × D53mm
●生産:日本製
●素材:木製
●包装:化粧箱
●宗派:どの宗派でもお使いいただけます

【商品について】
蓋はネジ式
ちりめん巾着袋付き
※ 巾着袋の模様は写真とは異なります。ご了承ください。

京都の下出蒔絵司所が一品一品心を込めて制作
価格
39,000円 (税込 42,120 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
翌営業日に出荷予定
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く